『どちらが得!?/自分から行く?or相手からの行動を待つ?』

恋愛に限定ではないですが、あなたは人と接するとき自分から話しかける方ですか?それとも待っている方ですか?

男性であれば、大体自分から行動するでしょう。女性であれば、じっと話しかけてくれるのを待っているという方が多いと思います。

今回の話は、どちらが得?得ならどうやったら、そうなれるかを考えてみました。

『結論』

自分から少しの行動を起こしましょう!です。できていない方も日々少しづつ練習していきましょう。例えばtwitterなどで自分の感じていることや思っていることをつぶやくのは、良い練習になりますよ^^

『理由』

私は男性ですが私の場合、思い出してみると小さいころから自分で積極的に話しかけていく方ではありませんでした。ですので、小学校、中学校、高校と自分から積極的に話しかけて友達を作っていくというようなことはしたことがありませんでした。

ですが、自分の性格的に人を笑わせるのが好きで、得意だったので、話しかけられて笑いで返すというようなことをしていました。

そうしているうちにすぐに打ち解けて、どんどん仲が良くなっていきました。男性から話しかけられても、女性から話しかけられても同様にしていました。

いわゆる人見知りタイプの私だったのですが、笑い好きというストロングポイントを持っていた私は、たいていクラスの人気者になっていました。

話しかけられれば、面白く返すことができたのに、自分からは積極的に話しかけることはありませんでした。なぜかと今考えてみると、話しかける題材がうまく思い浮かばなかったのでないかと思います。

「なんでもあるだろ、話のタネなんて」と思うかもしれませんが、話しかけたら迷惑じゃないかとそんなことも気にしていました。(相手からすれば、まったくそんなことはないのでしょうが・・・)

やっぱり面白い人って得なのかなって思います。こんな受け身な私でもすぐに打ち解けることができるのですから。

こういう持って生まれたものに助けられる人ばかりではないと思います。人と話すのが苦手という方も多いかもしれません。学生であれば最低1年間の付き合いになるので、少しでも自分から話しかけてみてください。ゆっくりで大丈夫ですから。

最初は相手とうまくコミュニケーションがとれず、ギクシャクした感じでのやり取りになるかもしれませんが、毎日必ず会う相手なので徐々に慣れてくると思います。

毎日会っていくことで、だんだんどんな人間か自分のことも知られるようになりますし、周りの人間のこともだんだんわかってきます。自分に合わなそうな人間もわかってくるでしょうが1年間は最低付き合わなければなりません。

社会人になるといつまでも練習というわけにもいきません。職場でのコミュニケーションは本番といえるでしょう。でもどうしてもコミュニケーションをとるのが苦手という方はぜひ、twitterなどで一人自分の思いをつぶやいて練習してください。

『まとめ』

とにかく自分から行動
少しづつでも話しかける練習
一人で練習するならtwitterが良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です