『モテる女性になる方法|良い出会いの為にあなたが目指す形(女性編)』

女性から男性に告白するのは苦手な方が多いようです。
というより、少ないです。

ですからここでは、男性から思わず告白したくなるような、
「素敵女子」になるための方法を解説します。

『モテる女性になる|抑えるべきポイント』

外見・内面それぞれモテるポイントがあります。
上から重要な順に並べています、ご参考下さい。

<外見>

  1. 自然な笑顔
  2. 髪・肌のメンテナンス
  3. 清楚な雰囲気
  4. ちょっぴりふくよか
  5. おっとり

まず初めに外見についてです。

上記の五つの項目ですが、
同時に全て揃った方が自分としては良いと考えています。

しかし一度に全てそろえられれば苦労しません。
あくまでも、すべてそろえるのが目標です。

 

自然な笑顔は女性だけでなく、男性も魅力的に見せます。

作り笑いではなく、自然に笑顔を作るのは難しいかもしれません。

心の状態も穏やかで、余裕がないと出てこないでしょう。

普段からストレスを避けて、
心の健康状態を良くしておくことを心がけておきましょう。

鏡を見て、笑顔の練習も必要かもしれません。

ーーーーー

●艶のある髪質はとても魅力ある女性らしさを感じます。
嫌いな男性は、まずいないでしよう。

艶髪だけで、知的で落ち着いた優しそうな印象を受けます。

初めて会う男性の第一印象に良いイメージが強く残る事でしょう。

肌や髪のお手入れをきちんとしていると、
間違いなく好印象を与えることが出来るはずです。

ーーーーー

清楚な雰囲気も、男性が好きな女性のタイプとして多いと思います。

ファッションとしてはパンツスタイルと言うよりも、
スカートやワンピースのイメージです。

「私には似合わない」という方もおられるかもしれません。
ですが、ここはぜひスカートに似合う女性に寄せていきましょう。

ーーーーー

●ちょっぴりふくよかな女性は、意外と男性受けが良いと感じます。

まあ、好みの問題というとそれまでですが・・・

その辺は自分で感じ取って、「スラッとしてる方が絶対モテる」
と考えるのであればそれも良しです。

ーーーーー

●ちょっぴりふくよかと連動して、おっとりしている性格も男性は好きです。

きびきびした動作で行動したり、
早口でテキパキと受け答えする女性よりも、親しみやすいです。

ーーーーー

4.5は好みや主観があるので、一概にはモテ要素とは言い切れません。

しかしながら、1~3までは必要な条件ではないかと思います。
男性も女性も身だしなみには十分気を付けたいものです。

ーーーーー

<内面>

  1. 活発
  2. 明るい
  3. 穏やかな
  4. 知的・賢い
  5. 価値観が合う

●活発のイメージとしては、お休みの日に外出するイメージです。

例えば海外からの作品が来た時に絵を見に行くとか、
映画を見に行ったり、好きなものを食べにグルメ旅とか・・・

休みの日に家でジッとしているのが悪いわけではありません。
フットワークが軽いイメージの方がモテを引き寄せそうです。

ーーーーー

●こちらも大事な部分だと思います。
暗い人より明るい人の方がどうしてもモテるイメージですよね。

外見でもそうですが、第一印象で「明るそうな人だな」
というかたの方が、好印象を与えることができます。

外見は暗そうなのに、話すと全然ちがって明るい方もいます。
せめて内面は明るくいきましょう。

ーーーーー

●「あの人の怒ったところ、見たことない」
というような人になりたいものです。

怒ると自分自身が消耗してしまいますし、
怒ったところで何の解決にもなりません。

いつも平常心を心がけ、穏やかに過ごしましょう。
それが外面にも表れますから。

ーーーーー

●自分のことはさておき、
意外と知的な女性が好きな男性は多いはずです。

男性はいわゆる”馬鹿な女”が嫌いなのです。
その逆に女性は”馬鹿な男”が好きだったりします。

なりたくないのに、自然と”馬鹿な・・・”
になってしまう人もいるようです。

そこがまさに”馬鹿な・・・”なのでしょう。

ーーーーー

●最後に価値観が合うというのは、
皆さん納得するところでしょう。

とはいえ人それぞれ育った環境の影響も、
多分に関係してくると思います。

環境や境遇の似通ている人が、
お互い価値観が似ていると認識するでしょう。

ーーーーー

『まとめ』

細かいことを気にしない大らかさ
自然体で接してくる、気取らない天真爛漫さ。

相手が男性であろうと女性であろうと、
接し方が変わらない女性は魅力的に見えます。

それに反して、
感情のままに行動しない冷静さも持っている。

  • 男性のためじゃなく、自分のために思考・行動することが、
    逆にもてる要因になると考えています。
自分の素直な感情を表現できる女性でありたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です